読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



CA藤田社長が退職者を吊し上げたことによる損失

サイバーエージェントの藤田社長が退職者に対して批判をしたことで
炎上しています。

================================
私が退職希望者に「激怒」した理由

先日、とある若い社員が、突然サイバーエージェントを辞めたいと言って有給消化に入ったという話を聞き、私は「激怒」しました。「社長が怒っている」という噂が社内に拡散するよう、意図的に怒りました。社員数が3000人を超えた今、社員が辞めることなど日常茶飯事であり、もちろん通常はいちいち怒ったりしません。仲間が減ることは残念だと思いつつ、黙って手続きを進め、気持ち良く送り出すことにしています。ではなぜ…
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO77749270Q4A930C1000000/


================================

おおまかな流れは、
「この社員のミスにより会社は1億円の損失を被った。
しかし、セカンドチャンスとしてプロジェクトを任せていた。
その社員が突然辞めると言い出した。
理由は競合他社に引き抜かれたから。
その無責任さに怒った。」
という流れ。

本文中でも通常はいちいち怒ったりしない、と書かれているが、
そもそも、何故そんなに怒る必要性があったのかねぇ。

この社員に対してとても期待をしていたのか、
再びチャンスを与えた社員が結果を出した、という事実が欲しかったのか、
競合がかなり脅威となっており、引き抜かれたことに機嫌が悪かったのか。。。

今回の批判によってCA社内での転職に対する考え方はすこし変わったと思うものの、いずれにせよ、藤田社長は大きく評判を落とすことになったのではないかと。

責任があろうがなかろうが、雇用契約が全て。
その社員がもしいなくなってプロジェクトが失敗するのであれば、
そうならないようにしておくのがマネジメントの役目。

その役目を棚上げし、引き抜かれた社員に対する批判をこともあろうか大々的にメディアで展開するというのはいかがなものかと思うところです。

今後のCA社、藤田社長を取り巻く状況の変化が気になりますね。


起業家
(2013/04/12)
藤田 晋

商品詳細を見る
起業家