読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



費用対効果を考えると、雪の中の「行方不明の実弾1個」を探す必要があるのかどうなのか

どうも、黒猫です。

陸上自衛隊弘前駐屯地での実弾一発大捜索事件です。

f:id:kuro3115:20141203223559p:plain


600人が徹夜で雪の中を捜索したとか。

実弾がなくなるとか怖いですね。。

何が怖いって、なくしてしまった隊員の周りからのプレッシャー。

スポンサーリンク



本当に探す必要あるのか?

自衛隊の射撃訓練場って、そもそも一般人は立ち入りできないところでしょう。

そこまでして1発を探す必要があるのでしょうか。

確かになくしたものは探し出すほうが良いと思いますが、そこまでコストかける必要あるのかな。

600人日分ということは、約24人月分のコストということですよね。

どうなんでしょう。

まぁ、自衛隊がなくしたけど探しません、とは言えないだろうと思いますが。

海外で同じようなことが起こった時にはどう対応してるのかとか、気になります。


ちなみに過去には2500名体制で3日間探した案件もあったとか。

北海道大演習場で、陸上自衛隊開発実験団所属の10式戦車が試射した徹甲弾22発のうち1発が消える。2500人態勢で3日間捜索したが見つからなかった。

    • Wikipediaより

この時に弾をなくした人、どうなったんでしょうね。。
++++