読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



amazonで購入した商品をローソンで受け取り。はどのくらい嬉しいか。

明日から一部のローソン店舗でamazonでの購入商品を受け取れるようになるそうです。まずはお試し期間で一部店舗だけですが、2015年春には全店舗に拡大予定とのこと。とはいえ、まだまだサービスレベルはこれから向上の余地がありそうだ。

スポンサーリンク


購入方法には疑問あり

では、実際にどういう流れで注文⇒受け取りとなるのか。
現時点では購入から受取の流れは以下のように説明されている。

消費者は、店頭情報端末「ロッピー」の画面から商品を選び、備え付けの電話でオペレーターに注文して、端末が発行するレシートを使ってレジで代金を支払う。品物は早くて2日後に店頭で受け取れる。電話注文のため、ネットの操作が不得手な高齢者やクレジットカードを持てない未成年者も利用しやすい。

これを見る限り、まだまだ注文方法には改善の余地がありそうだ。

レジで代金を支払う意味がまずわからない。先にクレジットカードで決済して、あとは受け取るだけにしてほしい。

また、最終的にはamazonでの注文時に最寄り(もしくは希望の)のローソン店舗を登録しておいて、そこに自動的に配送してくれるようになってほしい。せっかくネットで注文できるのがamazonのよいところなのに、店頭で電話注文とは少し煩わしい気がする。また、オペレーターは24時間待機なのかどうかも気になるところだ。

セブンイレブンもオムニチャネル戦略に注力

なお、セブンイレブンはセブンネットでの購入商品をセブンイレブンの店舗で受け取れるようなサービスをすでに開始する予定。オムニチャネル戦略の加速が今後のコンビニ業界の生き残りのカギになりそうだ。

【過去記事】セブンのオムニチャネルについて

セブンイレブンが楽天とamazonに挑戦状!店舗での即日受取サービス開始 - 黒猫の雑談部屋





++++