読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



セブンイレブンが楽天とamazonに挑戦状!店舗での即日受取サービス開始

セブン&アイ・ホールディングスがグループ企業(百貨店、専門店など)の商品をネット通販しているセブンネットで、当日中に指定したセブンイレブンで受け取れるサービスを開始することが公表されました。(Yahooニュースより)



Yahoo!ニュース - セブン&アイ、ネット通販で最速即日配達 来年秋にも首都圏で (産経新聞)

苦戦するオムニチャネル

セブンイレブンジャパンは、昔から最後のピースとして、インターネット通販事業をなんとか黒字化させようと努力しています。しかし、楽天やアマゾンで翌日には届く状況の中、消費者がセブンネットで商品を購入するほどはまだ浸透していません。

そもそもオムニチャネルとは?

オムニチャネルとは、実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合すること、および、そうした統合販売チャネルの構築によってどのような販売チャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現することである。

オムニチャネルとは 「オムニチャンネル, オムニチャネルリテイリング」 (omni channel): - IT用語辞典バイナリ


こちらでさらに詳しく説明されています。



店舗での受け取りの場合、送料無料ということですが、どこまで拡大を見せるのか注目です。

なお、即日配達の条件ですが、「午前7時までに注文された場合、当日の午後7時には店頭で商品を引き渡せるようにする。」とのことです。自宅への配送も可能だが、即日は不可能、かつ有料となるそうです。


セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)

セブン-イレブンだけがなぜ勝ち続けるのか (日経ビジネス人文庫)

++++