読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



文字通りの自動車=「自ら動く車」?自動操縦機能の実現までもう少し

テスラモーターズがモデルDという自動駐車機能や危険察知機能を備えたEVセダンを発表しました。

[ホーソーン(米カリフォルニア州) 9日 ロイター] - 米電気自動車(EV)専業メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O>は9日、自動駐車機能や危険察知機能を備えたEVセダン「モデルS」を発表した。自動運転車の開発に向け一歩を踏み出した。


米テスラが「自動操縦」機能付きモデルSを発表、全輪駆動型も (ロイター) - Yahoo!ニュース

何がすごいのか?

とりあえず実際に自動運転している映像を見てください。

Tesla D: Speedy AWD Model S P85D with Dual motor and limited autopilot Demo - YouTube


ハンドルには手が触れていないのに自動で発信、旋回、運転をしています。実際にはブレーキとアクセルも自動で制御されているとのこと。(確かめる術はありませんが、、、)

駐車や危険察知機能のため、「自動操縦」制御のためのハードウエアが搭載されていて、障害物はもちろん、停止サイン・歩行者を認識できます。

さらに!!!こんな便利機能も

アクセル、ブレーキ、方向転換が自動ということはもちろん、、、

自動車庫入れも自動です!!

そして、

発車前にエアコンを入れることなども可能です!!


どんな制御の仕方なのか?

CEOのイーロンマスクが説明しています。

Elon Musk - Demonstrate Limited AutoPilot Feature | Tesla Model S P85D AWD - YouTube
すごいな。。。


一方で、自動運転車の実現に際しては、やはり事故を起こすのではないかという懸念もされています。
絶対に事故を起す自動運転車の「恐ろしい未来」 日経トレンディネット




自動だからと言って、寝てても目的日についてくれる、という未来はまだもう少し先なのかもしれませんね。


++++
この記事を気に入っていただけたら、下のボタンからシェアしていただけると、とても励みになります。
≫他の最新記事へ