読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒猫の雑談部屋

日々の雑多な思いをつづります。


スポンサーリンク



電力不足に関するリスク回避のために

今回の地震では電力不足によって輪番停電実施という状況となっている。

発電所が壊れるなどという状況はなかなか想定されない。しかし、政府を中心に今回の電力不足によってどれだけの被害が出ているかを踏まえて、ぜひ日本の電力事情について再考していただきたい。


そもそも国内で東西の電圧が50Hzと60Hzで異なり、お互いに融通ができないというのはリスク管理の観点からはとてもよろしくない。今回も1時間当たり4000kWが必要なところに、100kWしか変換できないというのはあまりにも微力すぎる。



電圧の統一化には、最低でも日本の半分の発電機を作り直さなければならない。これが現実的か、というとなかなか難しいものがあるかもしれない。であれば少なくとも変電設備を充実させる必要があるのではないか。それにも多額の投資が必要になるが、今のところ、輪番停電は4月もそのまま続く見通しで、これによる影響も同様に金額的に小さくない。そのあたり、どちらが本当にとるべき方針なのか、もう一度見極めてほしい。